TOP > 土木・建設業界の動き

『土木・建設業界の動き』の記事

スーパーゼネコンなど土木建築業界の、東日本大震災の復興関連情報をお届けします。

日本原子力開発機構(JAEA)は、福島分析・研究施設第1棟他実施設計業務の公募型プロポーザルを実施し、その結果、日建設計を最優秀提案者に特定した。税別6億円で契約した。

«続きを読む»

清水建設は、東京都江東区の技術研究所に整備した「先端地震防災研究棟」を運用開始した。4日に新研究棟を報道機関に公開した。

«続きを読む»

岩手県釜石市上中島町の集合型復興公営住宅で26日、落成式が行われた。釜石市で最大規模156戸の復興住宅で、入居は3月中旬以降になる見込みだ。

«続きを読む»

東日本高速道路は17日、3月1日に全線開通する常磐自動車道について、未開通区間の常磐富岡(富岡町)~浪江(浪江町)インターチェンジ(IC)間を報道陣に公開した。

«続きを読む»

宮城県女川町は、女川町地方卸売市場の施工者選定に伴う公募型プロポーザルを公告した。「技術提案・交渉方式」を採用する。

«続きを読む»

東日本大震災の復旧工事など、東北地方の高速道路や国道の舗装工事で、落札業者や入札金額を事前に決めるなどの談合が繰り返されていたとして28日、道路舗装各社が公正取引委員会の捜索を受けた。

«続きを読む»

東日本大震災の影響で役場庁舎(RC造3階建て塔屋2層延べ4305㎡)が大きな被害を受けた宮城県山元町は23日、新庁舎を整備するため、役場庁舎新築復旧建設工事基本設計業務の委託に伴う公募型プロポーザルを公告した。

«続きを読む»

東日本大震災で被災した福島県内を視察した塩崎恭久厚生労働相は20日、復興工事の即戦力となる技能労働者を確保するための新たな対策を表明した。

«続きを読む»

環境省東北地方環境事務所福島環境再生事務所は15日、2014年度南相馬市災害廃棄物代行処理業務(減容化処理)を一般競争入札し、その結果、JFEエンジニアリング・日本国土開発JVに税別386億6000万円で決定した。

«続きを読む»

東北地方整備局は昨年12月26日、WTO対象となる旧北上川石井水門設置工事の一般競争入札を公告した。

«続きを読む»

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

loading ...

バックナンバーはこちらから

福島の真実